読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

An another side of FERRY

ボードゲーム、サッカー、ときどき、人生

[我が家のボドゲ評価]アグリコラ(追記あり)

Q:あなたにとって「アグリコラ」とは?

A:いつも、”あ~、あと一手あったら、アレもコレもできるのに~”と地団駄を踏む煩悶ジェネレータ

===============================

  • FERRY:ハマリ度 5、プレイ頻度 2、お気に入り度 8
  • 奥様:ハマリ度 7、プレイ頻度 4、お気に入り度 12
  • 小学校高学年男子:ハマリ度 1、プレイ頻度 0、お気に入り度 2
  • 小学校中学年女子:ハマリ度 0、プレイ頻度 0、お気に入り度 0

===============================

  • 夫婦平均:ハマリ度 6、プレイ頻度 3、お気に入り度 10
  • 家族平均:ハマリ度 3、プレイ頻度 2、お気に入り度 6

===============================

※数値は全て、各人のドミニオンに対する各パラメータを10として採点。

 

というわけで、ゲームのプレイ紹介や戦略など、そういうことはやらない方針なので、ゆるゆると点数付けしてみました。

PS3WiiGREEやLINEやトランプやポケモンカードゲームなどなど、夫婦や家族で同じゲームを楽しむことは我が家の休日の交流の大きな柱となっていましたが、FERRYがドミニオンに大はまりして、後戻りできない感じになっていた2012年秋、FERRY家にドミニオンではないボードゲームがやってきました。

ドミニオンマニアックスに、「アグリコラをやると手数の考え方が身についてドミニオンが強くなる」と書いてあったのが直接的なきっかけなのは間違いないのですが、ドミニオンの拡張を買うときに、悪魔の囁きに操られて一緒にポチってしまいました。

ドミニオンを買うまでは、カードゲームといえば、UNOかトランプかポケモンカードゲームくらいしかやったことない、誰もフリーのボードゲーム会とかにも行ったことのない、ごく一般的な家庭だったFERRY家なので、そもそもドミニオンのセルフインストですら数々の難関が待ち構えていたのですが、そこに来たのがアグリコラです。よく、まともにゲームができるところまで漕ぎ着けたなというのが正直な感想だったりします。

5グリの経験がほとんどなかったり、そもそもドラフト戦をやってないので、「それでアグリコラを語るの?」状態ではありますが、それなりに気に入ってるのは「後手数何個で、アレをやって、コレをやって、あー、くそ、一手足りないじゃん。じゃ、こっちのアプローチで、アレを優先して、ここで飯確保して、ぐわー、葦足りないじゃん。」という思考の迷宮感が楽しいからなんでしょうね。

アグリコラは、FERRY自身よりも奥様の方がはまっておられます。アプリコラをやるために、iPadをプレゼントしたら、いたくお喜びでした。

ボドゲ界隈の状況がわかるにつれ、アグリコラは重ゲーに分類されるのね~とか、カヴェルナって日本語化なかなかされないのね~とか、農業三部作そろえたいな~とか、いろいろ思うわけですが、一回の時間がかかるのが、目下のところのネックです。

家族の評価としては、息子さんはちょっと興味を示していて、ファミリーゲームを少しやった感じ。次は職業ありでやってみたいようです。お嬢さんにはまだ難しいみたい。でも、お父さん、お母さんとチームになってやるのは良いみたい。

そういえば、アグリコラって負けるともう一回やりたくなる気持ちが一番大きいですね。2014秋のゲームマーケットアグリコラ理論という、同人誌がでるみたいなので、通販できたら取り寄せて、買ってみたいと思います。

 

※2015/01/03追記

その後、bajのアグリコラで5グリをするようになって、一気にアグリコラ熱が高まっています。アグリコラ理論も買って、日夜勉強しています。まだまだヘボ農夫ですが、対戦いただける方に感謝をしつつ、楽しんでいきたいです。